FM802 radiko

仁井聡子

エコのこと一緒に考えましょう
 エコに興味はあるけれど、なにからはじめていいのでしょう?
 日常にすぐにとりいれられて、おしゃれマインドを忘れずにエコに取り組みたいもの。
 そんなエコロジー、ロハスに関する情報を仁井聡子の視点でお届けします。
 みなさんが実践している、関心があるエコロジーやロハス情報もお待ちしてます!
 〈提供:象印マホービン〉
 

みなさんが実践している、関心があるエコ&ロハス情報をお待ちしています。
コミュニティに書き込み! リクエストメッセージを送る!


 
番組で紹介したエコ&ロハス情報
〈防災〉 2022-01-15
来週月曜日、1月17日で「阪神・淡路大震災」から27年となります。
17日は午前5時から、震災でお亡くなりになられた方を追悼するとともに、震災で培われた「きずな・支えあう心」「やさしさ・思いやり」の大切さを語り継いでいくために、東遊園地で「1.17のつどい」が開催されます。

そう、培ってきたものを、つないでいくのは大切なこと。
震災を機に一気に高まった防災・減災への意識も、
次の世代につないでいきましょう!

この週末、家族や友達、パートナーと防災・減災について、
ぜひ話してみてください。
そして、わからないことがあったら、
神戸にあります「人と防災未来センター」のサイトを見るだけでも、
とても参考になります。 
まずチェックして欲しいのが「お役立ち」の「減災グッズチェックリスト」。ダウンロードできます。 
いつも持ち運ぶもの、非常時の持ち出し品、これをストックしておいたら安心、というふうに分けて紹介されています。

防災に関するエコ、、というと、備蓄している食料品や水の賞味期限!
ぜひチェックしてください。
賞味期限が切れそうになったら食べて、また補充する、という
ローリングストック、、という方法もあります。
保存食品は、一度食べておくのも大切なこと。
いざというとき、食べてみたら口に合わなかった!!となれば大変ですからね〜

このリストや「人と防災未来センター」のサイトを参考に、
あなたに合った準備を、この週末に整えてみてはいかがでしょうか。

▼人と防災未来センター
https://www.dri.ne.jp/